取り扱いに注意して快適な飲食店経営

LIST

2017年07月06日
仕組みを理解して優良物件を選ぶを更新。
2017年07月06日
飲食店経営に向いてる理由を更新。
2017年07月06日
購入層とかかる初期コストを更新。
2017年07月06日
取り扱いに注意して快適な飲食店経営を更新。

大丈夫?思わぬ落とし穴!

居抜き物件は大変人気がありますが、思わぬ落とし穴もありますので注意が必要です。いったいどのような落とし穴があるのでしょうか。まず一番大きな落とし穴は居抜きであるがゆえに、店舗のレイアウトにかなり制限が加わるという事です。飲食店の場合、作業台やシンク、カウンターなどが備え付けの場合も多く、なかなか自由なレイアウトを組むことはできません。
もちろん工事を入れればある程度自分好みの店舗にすることはできますが、これでは商売を始めるためのイニシャルコストを低く抑えられることが最大のメリットの居抜き物件の意味がありません。次に残されている設備や什器ですが、これがリースされたものである可能性があります。さらに実際に使いまでちゃんと使用できるかどうかを確かめることができません。
もし壊れていたら誰が修理費を負担するのかしかk理と確認しておく必要があります。更に、今まで入っていたテナントが新たに別の場所に出店し、地域の顧客を奪われてしまうという危険性や、以前のテナントのイメージを引き継いでしまうことになるので、プラスに働くこともありますがマイナスのイメージを持たれてしまう事もあります。以上のような注意点をしっかりとチェックし、居抜き物件を見極められるようにしましょう!

居抜き物件は家主テナント利用者にとって一石三鳥

居抜き物件とは、小売業や飲食業において、家具・備品・商品・設備をつけたまま、売りまたは貸し出された物件のことです。物件とは、店舗に係る土地や不動産のことです。つまり、撤退した店のあとにその店のテナント(賃借人)や居住者を抜いて、以前の設備をそのままにして出店してしまうことです。こうすることで、撤退したテナントや居住者が残した店舗設備のすべてを利用できるので、一から出店する場合に比べて開業するための初期投資を抑制できます。
とりわけ飲食業では調理場の設備投資が大きいため、居抜きを活用する事業者が増えています。貸出し物件の場合、家主にとっては撤退するテナントに原状回復を求めるよりも、以前の設備を残して撤退してもらった方が後継のテナントを見つけやすく、家主にとっても、元手資金の少ない起業家にとっても居抜き出店は一石二鳥なのです。また、利用者にっても、居抜き出店の方が、ありがたいのです。
なぜなら、スーパーやコインランドリーが新装開店してしまうと、今までの設備の配置が変わってしまい日々の生活に不都合になります。生活とは習慣ですから、すこしの変化でも大きなストレスになります。その点、居抜きの場合、設備がそのままで事業者が変わるだけですから、生活者にとってなんのストレスなく利用できます。つまり、居抜き出店は家主、テナント、利用者の一石三鳥の出店方式なのです。

RECENT INFORMATION

購入層とかかる初期コスト

どういった人が購入するのか お店を開業したりする場合には物件を購入したり借りる必要がありますが、開業する業種やお店によって選ぶべき物件と言うものは変わってきます。例えば前にその物件に入っていた業種と同じお店を開業する場合に最適なのが、居抜き物件と言うものです。居抜き物件とは前のテナントの内装などがそのまま撤去されていない物件の事で、そのままの状態で利用でき…

READMORE

取り扱いに注意して快適な飲食店経営

大丈夫?思わぬ落とし穴! 居抜き物件は大変人気がありますが、思わぬ落とし穴もありますので注意が必要です。いったいどのような落とし穴があるのでしょうか。まず一番大きな落とし穴は居抜きであるがゆえに、店舗のレイアウトにかなり制限が加わるという事です。飲食店の場合、作業台やシンク、カウンターなどが備え付けの場合も多く、なかなか自由なレイアウトを組むことはできませ…

READMORE

仕組みを理解して優良物件を選ぶ

需要と供給の流れ 飲食店を開きたい人は多いが、起業に必要な資金は自分で調達しなければならず、店舗用の物件を建てるには2000万~3000万円の費用がかかります。また、都市部以外の地域には商店や飲食店が少ないため、にぎわいが限られています。そのため、地域の活性化には、コストを抑えた店舗用建物を用意すること必要です。こうしたニーズに応えるのが居抜き物件なのです…

READMORE

飲食店経営に向いてる理由

居抜き物件が飲食店等の開業に向く理由 居抜き物件が人気になるのは、初期費用をそれほどかけることなく飲食店等を開業できるからです。もしもまったく新しい物件を新規開業できるようにする場合、設備投資だけでかなりのお金がかかってしまいます。また、内装はもちろんのこと、レイアウトなどにちょっとでもお金をかければ初期費用は跳ね上がります。しかし、居抜き物件の場合は前に…

READMORE