購入層とかかる初期コスト

LIST

2017年07月06日
仕組みを理解して優良物件を選ぶを更新。
2017年07月06日
飲食店経営に向いてる理由を更新。
2017年07月06日
購入層とかかる初期コストを更新。
2017年07月06日
取り扱いに注意して快適な飲食店経営を更新。

どういった人が購入するのか

お店を開業したりする場合には物件を購入したり借りる必要がありますが、開業する業種やお店によって選ぶべき物件と言うものは変わってきます。例えば前にその物件に入っていた業種と同じお店を開業する場合に最適なのが、居抜き物件と言うものです。居抜き物件とは前のテナントの内装などがそのまま撤去されていない物件の事で、そのままの状態で利用できるというメリットがあります。
例えば料理店を開業したい場合には、調理設備の残っている居抜き物件を利用するというのが、開業準備の大幅短縮や内装工事の費用などの経費削減のために最適な方法です。特に料理店関係になると、調理設備投資や配管工事のコストをほぼカットできるので、少ない資金で夢を実現させることも十分に可能になっています。また、すぐにでもお店を始めたいという人にもうってつけなので、最近ではおしゃれな喫茶店を始めたいという若い女性にも人気です。
最近では居抜き物件専門の不動産情報サイトもネット上にたくさんあるので、起業実現のための道が開けています。また、前のテナントの顧客の大半をそのまま取り込めるという点も、サービス業などのビジネスにおいてはとても大きな財産となります。

初期コストが安い物件

内装工事というのは、何も無い状態からお店の形に作り上げようとするとさほど拘らなくても500万から1000万円などが平気で掛かって来てしまいます。昔はお店を個人経営で出すとしたら、空っぽになっているテナントから一から作り上げ、お店をたたむお金が困っているときに、物件の内装の解体のお金を払わないといけないなど、お店を出すということへのリスクや費用が高く仕切りも凄く高かったです。
そこで、居抜き物件というスタイルの物件が出て来たことでお店を出すことの仕切りが下がり、チャレンジできる人が多くなりました。居抜き物件とは、前のテナントの内装が基本的にそのまま残っているので、飲食店だったら前が飲食店の居抜き物件だと初期コストが安くなったり、お洒落なカフェだった居抜き物件なら美容院にする時にお洒落な内装はそのまま残せたりとメリットが多いです。
なので、自分のこだわりを100パーセント形にしたお店にしようとなると残っているものが少し邪魔になってくることはありますが、お店を出すことはリスクも多いので、一店舗目は居抜き物件でお店を出し成功して起動に乗り始めたら2店舗目は一から全部内装を作り上げるという使い方をしている人も多いです。

RECENT INFORMATION

購入層とかかる初期コスト

どういった人が購入するのか お店を開業したりする場合には物件を購入したり借りる必要がありますが、開業する業種やお店によって選ぶべき物件と言うものは変わってきます。例えば前にその物件に入っていた業種と同じお店を開業する場合に最適なのが、居抜き物件と言うものです。居抜き物件とは前のテナントの内装などがそのまま撤去されていない物件の事で、そのままの状態で利用でき…

READMORE

取り扱いに注意して快適な飲食店経営

大丈夫?思わぬ落とし穴! 居抜き物件は大変人気がありますが、思わぬ落とし穴もありますので注意が必要です。いったいどのような落とし穴があるのでしょうか。まず一番大きな落とし穴は居抜きであるがゆえに、店舗のレイアウトにかなり制限が加わるという事です。飲食店の場合、作業台やシンク、カウンターなどが備え付けの場合も多く、なかなか自由なレイアウトを組むことはできませ…

READMORE

仕組みを理解して優良物件を選ぶ

需要と供給の流れ 飲食店を開きたい人は多いが、起業に必要な資金は自分で調達しなければならず、店舗用の物件を建てるには2000万~3000万円の費用がかかります。また、都市部以外の地域には商店や飲食店が少ないため、にぎわいが限られています。そのため、地域の活性化には、コストを抑えた店舗用建物を用意すること必要です。こうしたニーズに応えるのが居抜き物件なのです…

READMORE

飲食店経営に向いてる理由

居抜き物件が飲食店等の開業に向く理由 居抜き物件が人気になるのは、初期費用をそれほどかけることなく飲食店等を開業できるからです。もしもまったく新しい物件を新規開業できるようにする場合、設備投資だけでかなりのお金がかかってしまいます。また、内装はもちろんのこと、レイアウトなどにちょっとでもお金をかければ初期費用は跳ね上がります。しかし、居抜き物件の場合は前に…

READMORE