いざ家族に介護が必要となると、どこから手を付ければいいのか分からないという方は多いのでは無いでしょうか。緊急の時の為に、慌てないでいいように介護施設に入居する際に、どのようなものが必要になるかしっかりと事前に確認をするようにしましょう。また、入所出来る施設によって必要なものは違います。また、同じ種類の施設であったとしても、施設のランクによって入所費用など必要な費用は違っています。分割で支払いが可能な施設もあれば、一括で入金しなければならないケースもありますのでしっかりと確認するようにしましょう。グループホームなどの場合は、認知症対応型共同生活介護と呼ばれて認知症の方専用の施設となります。従って、認知症の医師の診断書がなければ入居する事が出来ませんので注意が必要です。

東京の老人ホームなどの施設に入居する為に必要な基本的なもの

介護施設を利用する為に必要なものはいくつかあります。まずどの施設でも必要になる基本的なものから説明します。入居する際には、申し込み段階で施設から説明がある場合が多いです。まず最も大切なのが、介護保険証です。施設によっては、介護認定を受けていなければ介護施設を利用する事が出来ない場合があります。その確認の為に、介護保険証は必須です。例えば、グループホームだと要支援2から要介護5までの方しか入居出来ません。また、特別養護老人ホームでは要介護1から要介護5までしか利用する事ができません。介護保険証に合わせて、施設でレセプト業務を行うため必ず必要になりますので入居と同時に提出を求められる場合があります。そして、最近の介護保険料は所得に応じて1割から2割に分けられます。その確認の為に、負担割合証の提出も必要になります。

東京の老人ホームなどの施設によって違う必要書類とは何か

東京の老人ホームに限らず、入居時に提出を求められるものの1つに診断書があります。施設に入居する場合は、集団で生活をするようになります。その場合、万が一感染症などに感染していた場合、1人が感染していると一斉に移ってしまう可能性もあります。また、高齢者の多い施設では1つの感染症が命取りになってしまうケースもある為、しっかりとした確認が必要です。集団生活に問題がないか確認をする為に、事前に健康診断書を提出する必要があるのです。また、住居移転を伴う場合は住民票を提出する場合があったり、健康保険証や医療保険証など万が一の場合に備えて施設で預かるケースもあります。施設によっては、病院受診や定期的な健康診断などを責任もって行ってくれる所もありますので、事前に確認しましょう。