高齢化がますます進む日本では、介護サービスや介護施設についても様々な議論が交わされています。介護施設と一口にいっても、様々な種類があります。高齢者の中には、心身共に元気で、掃除や洗濯などの生活援助を受けられれば良いという人もいれば、食事や排泄のサポートが必要な人もいます。高齢者の状態によって、必要な介護やケアも違ってきます。日本では、夫婦が共に高齢者の家庭や、親も子も高齢者という家庭が増えており、今後ますます増えると予測されています。支え合っている人同士が高齢者だと、どちらかが病気になったりすると、介護をすることが難しくなります。自宅での介護が難しくなり、長期の介護が必要な場合は、特別養護老人ホームか有料老人ホームに入る人が多いです。

老人ホームにも様々なタイプがあります

東京都は、全国でも特別養護老人ホームの数が多い地域です。特別養護老人ホームは、公的な介護施設なので、費用が安いのです。そのため、入居したいと考える人が非常に多く、入居条件が2015年より厳しくなっています。東京都は、有料老人ホームの数も多く、さらに増えると言われています。有料老人ホームは、民間の事業者が運営しているため、特別養護老人ホームよりは費用がかかりますが、入居はしやすい施設です。有料老人ホームの中でも、介護サービスが受けられる施設を、介護付有料老人ホームと言います。介護付有料老人ホームは、設備も充実しているところが多いです。入居条件についても、受け入れ幅が広いため、希望すれば待たずに入居できることが多いです。高級有料老人ホームの中には、ホテル並みのサービスが受けられる施設もあります。

東京で人気がある老人ホームの条件

東京には、数多くの老人ホームがありますが、人気がある老人ホームには共通点があります。まず、サービスが良いことです。しっかりと研修を受けたプロのスタッフがサービスを行っている施設は、評判も良いです。スタッフの数が十分で、きめ細かいサービスを受けることができる施設は、人気も高いのです。施設内の設備が整っていることも、人気の理由のひとつです。介護が必要な人が安心して快適に過ごすには、設備は重要です。部屋が快適な空間であるか、浴室の設備は整っているかということも大事なチェックポイントです。また、食事も施設の評判を左右します。食事は、満足度に大きな影響を与えます。管理栄養士がいて、栄養バランスが整った美味しいメニューが揃っている施設は、評価も高いです。